2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボチッとクリック願います にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
言語獲得
- 2009/10/02(Fri) -
最近、うちの息子がマンションの子と遊ぶようになった、
ほとんどお互いゲームばかりしているようだが、
このところ、その子の口癖をマネするようになった。

口癖:『だって さ~』

やっぱり、
健聴者の子と友達になることは言語獲得に繋がる
ことを感じた瞬間だった。
なんとか、幼稚園でも友達を作ってほしいのだが、いまだ一人でぶらぶらとしているようだ。
しかし、よくここまで彼が言語獲得できてきたか感心する、
難聴と分かった時はいったい話せるようになるのか?
どこか痛いとか病気の時は分かるか、病院の先生に説明できない?
今では、ここが痛いとか、かゆいとか、腹減ったとか話せるし、
わからない時は手話で会話してくるし、
最近はひらがな、カタカナくらいは書けるようになり足し算、引き算もできる。
先日はノーサイドクリニックでIQ検査して90くらい、まあ普通ってところだったみたい。

基本的に人間は言葉で考えて心が感じたりする、
よって聞こえないことは言葉の存在をしらない、物に名前があることも知らない。
ってことはどーやって人に伝えるのか?
特に聴覚障害児には、音の存在に気づかせ、健聴者がその音を使ってモノに名前をつけ、
その名前を使って会話をしていることに気づかせる必要があります。それが第一歩。

言葉を発するとき助詞、助動詞がどうしても小さくなりがちで聞き取りにくかったり
、使い方がわからなかったりしてうちの息子には何度も何度も繰り返し教えている。
助詞、助動詞の使い方は結構重要で使い方が間違っていると相手が分からなかったり
勘違いさせたりしますしね。

スポンサーサイト
ボチッとクリック願います にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー
この記事のURL | 手話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Fly Line | メイン | fly fishing>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ohscher.blog73.fc2.com/tb.php/162-061370cb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。